松本清張_黒の様式 第六話 内海の輪(改題)

(原題=霧笛の町)

〔(株)文藝春秋=全集9(1971/12/20):【黒の様式】第六話〕

題名 黒の様式 第六話 内海の輪
読み クロノヨウシキ ダイ06ワ ナイカイノワ
原題/改題/副題/備考 ●シリーズ名=黒の様式
(原題=霧笛の町)

●全6話
1.
歯止め
2.
犯罪広告
3.
微笑の儀式
4.
二つの声
5.弱気の虫
(弱気の蟲)
6.霧笛の町(内海の輪)
●全集(7話)
1.
歯止め
2.
犯罪広告
3.
微笑の儀式
4.
二つの声
5.
弱気の蟲
6.内海の輪
7.死んだ馬《小説宝石》
本の題名 松本清張全集 9 黒の様式【蔵書No0087】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1971/12/20●初版
価格 880
発表雑誌/発表場所 「週刊朝日」
作品発表 年月日 1968年(昭和43年)2月16日号〜10月25日号
コードNo 19680216-19681025
書き出し 旅館の帳場−−近ごろはしゃれてフロントとよんでいるところもあるが、深まった家から門に出るまで庭石の通路の横にそういう関所がある。れんじ窓になっていて上半分までは藍染めのノレンが下がり、客からはちょっと見えないようにしているが、そこからは灯が通路までこぼれているし、内側の人間にはもちろん前を出入りする客の顔が分かっているはずだった。客が顔をそむけても、ありがとうございました、と中から女中の声がかかるのである。三ヵ月めくらいにくるのだが、帳場の女がこっちの顔を覚えているのかどうか。、宗三は、その前を通るのがいつも辛い。部屋に来る係の女中は順番らしく、そのたびに違っているのが助かるが、帳場の女は変わらないのだろう。しかし、三ヵ月に一度のことだし、ほかの客も多い中だから印象はうすいようにも思われる。とにかく、この関所を通り抜けて外に出るとほっとする。
作品分類 小説(短編/シリーズ) 97P×1000=97000
検索キーワード