松本清張_黒の様式 第五話 弱気の虫(原題)

〔(株)文藝春秋=全集9(1971/12/20):【黒の様式】第五話〕

題名 黒の様式 第五話 弱気の虫
読み クロノヨウシキ ダイ05ワ ヨワキノムシ
原題/改題/副題/備考 ●シリーズ名=黒の様式
(改題=弱気の蟲)
●全6話
1.
歯止め
2.
犯罪広告
3.
微笑の儀式
4.
二つの声
5.弱気の虫(弱気の蟲)
6.霧笛の町(内海の輪)
●全集(7話)
1.
歯止め
2.
犯罪広告
3.
微笑の儀式
4.
二つの声
5.弱気の虫
6.
内海の輪
7.
死んだ馬《小説宝石》
本の題名 松本清張全集 9 黒の様式【蔵書No0087】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1971/12/20●初版
価格 880
発表雑誌/発表場所 「週刊朝日」
作品発表 年月日 1967年(昭和42年)11月3日号〜1968年(昭和43年)2月9日号
コードNo 19671103-19680209
書き出し 川島留吉は或る省の役人をしている。或る課の課長補佐だった。留吉は私大を出るとすぐこの省に入った。友だちは、いかにも彼に似つかわしい職業を得たと思った。勤勉で、律儀で、地道で、いささかのハッタリもない男なのである。学校時代はガリ勉で、いい成績だった。国家公務員の試験成績もよかった。爾来、三十九歳の今日まで二十年近く律儀に役人生活を勤めている。彼の入省は敗戦後まもなくで、世の中が混乱している時だった。大学卒で役人になろうという者はあまりなく、時代の風雲に乗じてヤミ商売をはじめたり、それを発展させて会社をつくったりした者が少なくなかった。就職希望でも、ベース・アップの最も遅い官庁などを志す者はあまりなかったものだ。もっとも、今からふり返ると、風雲組で成功している者はわずかしかいない。彼らの野心のほとんどは失敗し、なかには行方知れない者もいる。
作品分類 小説(中編/シリーズ) 92P×1000=92000
検索キーワード