松本清張_黒の様式 第二話 犯罪広告

〔(株)文藝春秋=全集9(1971/12/20):【黒の様式】第二話〕

題名 黒の様式 第二話 犯罪広告
読み クロノヨウシキ ダイ02ワ ハンザイコウコク
原題/改題/副題/備考 ●シリーズ名=黒の様式
●全6話
1.
歯止め
2.犯罪広告
3.微笑の儀式
4.
二つの声
5.弱気の虫
(弱気の蟲)
6.霧笛の町
(内海の輪)
●全集(7話)
1.
歯止め
2.犯罪広告
3.微笑の儀式
4.
二つの声
5.
弱気の蟲
6.
内海の輪
7.
死んだ馬《小説宝石》
本の題名 松本清張全集 9 黒の様式【蔵書No0087】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1971/12/20●初版
価格 880
発表雑誌/発表場所 「週刊朝日」
作品発表 年月日 1967年(昭和42年)3月3日号〜4月21日号
コードNo 19670303-19670421
書き出し 阿夫里の町は、南紀の端、熊野灘に面している。人口七千。蜜柑と魚の町だが、若い者は大部分隣県の水産会社や造船所に通勤していた。密柑山に働くのも舟に乗るのも、女や年寄りが多い。四月のある日、町の重立った人びとの家に一枚の活版刷りの広告が投げ込まれた。新聞半ページの紙を二つ折りにした表、裏に九ホの活字がぎっしりとならんでいた。表題の「告知」という二文字を見た者は、野暮ったい広告と思い違いするくらい貧弱なチラシだったが、内容はたいそう変わっていた。「阿夫里町のみなさんにご案内します。私、末永甚吉は、当町字宇佐津の池浦源作を、殺人の疑いで世に告発いたします。警察が取り上げてくれない殺人事件です。法律では、殺人犯罪の時効が十五年です。だから、二十年前の殺人を、こういうかたちで皆さんに訴えなければならないのであります。......」という文句で始まり、以下、次のように長々と書かれてあった。
作品分類 小説(短編/シリーズ) 49P×1000=49000
検索キーワード