松本清張(1056)__渡された場面(【禁忌の連歌】第一話)

(株)新潮社渡された場面(1976/11/10):【渡された場面】〕

題名 渡された場面
読み ワタサレタバメン
原題/改題/副題/備考 ●シリーズ名=禁忌の連歌
●全4話
1.渡された場面
2.状況曲線/状況曲線(上)状況曲線(下)
3.
天才画の女
4.黒革の手帳/
黒革の手帳(上)黒革の手帳(下)
(株)新潮社=渡された場面
本の題名 渡された場面【蔵書No0080】 映像の世界【TV】
出版社 (株)新潮社
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1976/11/10●初版
価格 870
発表雑誌/発表場所 「週刊新潮」
作品発表 年月日 1976年(昭和51年)1月1日号〜7月15日号
コードNo 19760101-19760715
書き出し 坊城町は、佐賀県の唐津から西にほぼ三十キロ、玄界灘に面した漁港の町である。小さな半島の突端で、壱岐、対馬沖はもとより、黄海域まで漁船が往復する。古い湊町にはつきもので、遊女町も発達して、そのことだけでも前からひろく知られてきた。町は深い入江を囲っていて、東側と西側とは早道の海上をつなぐ渡船がある。西側に遊郭があった。雹客の朝帰りには楼主のほうで対岸まで小舟を出す。小舟の二階の手すりにならんだ昨夜の敵娼に袖を振られる。朝は海霧が濃いので、姿や妓楼が見えなくなっても女たちの嬌声はいつまでも舟に届いた。このような情緒はいまはない。むろん遊郭が廃止され、妓楼はアパートとか旅館などとなり、階下の一部がパアになったりしているからだ。けれども昔の遊廓の輪廓は荒廃したままだが残っている。高い屋根に看板をあげた旅館やバアのネオンは夜の暗い入江に色を投じる。
作品分類 小説(長編/シリーズ) 256P×660=168960
検索キーワード 盗用、四国、海峡文学、文芸界、同人誌、陶芸店、千鳥旅館、妊娠、博多の女、織幡神社、犬、書評、冤罪
【帯】愛が幻とは知らずに信じた女の地下からの悲しい復讐か?
語ることができぬ死者が用意した予期せぬ結末・・・・・・