松本清張(1096)_絢爛たる流離 第十一話 陰影

〔(株)文藝春秋=全集1(1971/06/20):【絢爛たる流離】第十一話〕

題名 絢爛たる流離 第十一話 陰影
読み ケンランタルリュリ ダイ11ワ インエイ
原題/改題/副題/備考 ●シリーズ名(連作)=絢爛たる流離
●全12話=全集(全12話)
 1.
土俗玩具 (1086)
 2.小町鼓 (1087)
 3.
百済の草 (1088)
 4.
走路 (1089)
 5.
雨の二階 (1090)
 6.
夕日の城 (1091)
 7.
 (1092)
 8.
切符 (1093)
 9.
代筆 (1094)
10.
安全率 (1095)
11.
陰影
 (1096)
12.
消滅 (1097)
本の題名 松本清張全集 2 眼の壁・絢爛たる流離【蔵書No0021】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1971/06/20●初版
価格 800
発表雑誌/発表場所 「婦人公論」
作品発表 年月日 1963年(昭和38年)11月号
コードNo 19631100-00000000
書き出し 男と女が別れる場合、愛情の冷めた方が何をきっかけにして起きるかである。それは、外的条件に影響されることも多い。その条件も著しく外に目立つ場合と、当事者同士の間だけにしか見えないことがある。加久隆平と津神佐保子の別れ方は、そのどちらの場合であろうか、二人だけの間で分かっている点ではあとの場合ともいえるし、条件の大きさからいえば前の場合ともいえる。「コスタリカ」のバーテンの君島二郎が殺されてから、加久隆平は津神佐保子に逢いにゆく積極性を失っていた。佐保子からあまり誘いがかかってこなかった。バーテンの死が二人の間の大きな隙間になったのは事実だった。しかし、この原因はほかの誰も知っていない。あれから二ヵ月が経った。正確には、君島二郎殺しの捜査本部が解散したと新聞に出てから二週間目だった。久しぶりに加久隆平は会社で津神佐保子からの電話を受けた。
作品分類 小説(短編/連作) 14P×1000=14000
検索キーワード ガラス切り・政治ゴロ・暗い秘密・ニューコスタリカ・手切れ金・ダイヤの疵・別れ