松本清張(1088)_絢爛たる流離 第三話 百済の草

〔(株)文藝春秋=全集1(1971/06/20):【絢爛たる流離】第三話〕

題名 絢爛たる流離 第三話 百済の草
読み ケンランタルリュリ ダイ03ワ クダラノクサ
原題/改題/副題/備考 ●シリーズ名(連作)=絢爛たる流離
●全12話=全集(全12話)
 1.土俗玩具 (1086)
 2.小町鼓 (1087)
 3.百済の草 (1088)
 4.
走路 (1089)
 5.
雨の二階 (1090)
 6.
夕日の城 (1091))
 7.
 (1092)
 8.
切符 (1093)
 9.
代筆 (1094)
10.
安全率 (1095)
11.
陰影 (1096)
12.
消滅 (1097)
本の題名 松本清張全集 2 眼の壁・絢爛たる流離【蔵書No0021】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1971/06/20●初版
価格 800
発表雑誌/発表場所 「婦人公論」
作品発表 年月日 1963年(昭和38年)3月号
コードNo 19630300-00000000
書き出し 伊原雄一は昭和十×年の春に、新妻寿子を伴って朝鮮全羅北道金邑の鈴井物産工業所に赴任した。金邑は南朝鮮の西側で群山の南に当たっている。この辺は南朝鮮の穀倉地帯といわれるほど平野が開けている。汽車は木浦から群山の近くに至る湘南線を走っている。金邑は人口三万の小都市だった。広い平野でも東側は山になっていて、そこに母岳山と呼ばれる丘陵がある。この西麓地方は有名な産金地で、付近の金溝里、院坪里間の段階地と広い平地は多量の砂金を含んで、近年鈴井物産が砂金の浚渫機を使用して採取しつつあった。伊原雄一はその技師として転任したのである。伊原夫婦は金邑の社宅に入った。社宅は市街地から少し離れて、ポプラの並木の続く田圃を見晴らす場所にあった。鵠の群がよく田圃に降りる。
作品分類 小説(短編/連作) 24P×1000=24000
検索キーワード 鉱業所・社宅・朝鮮全羅北道・京城・高級参謀・部下・軍服・公用証・弁護士・金山寺・当番兵・媾曳・転属・死地