松本清張(1090)_絢爛たる流離 第五話 雨の二階

〔(株)文藝春秋=全集1(1971/06/20):【絢爛たる流離】第五話〕

題名 絢爛たる流離 第五話 雨の二階
読み ケンランタルリュリ ダイ05ワ アメノニカイ
原題/改題/副題/備考 ●シリーズ名(連作)=絢爛たる流離
●全12話=全集(全12話)
 
1.土俗玩具 (1086)
 2.
小町鼓 (1087)
 3.
百済の草 (1088)
 4.走路 (1089)
 5.雨の二階 (1090)
 6.
夕日の城 (1091)
 7.
 (1092)
 8.
切符 (1093)
 9.
代筆 (1094)
10.
安全率 (1095) 
11.
陰影 (1096)
12.
消滅 (1097)
本の題名 松本清張全集 2 眼の壁・絢爛たる流離【蔵書No0021】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1971/06/20●初版
価格 800
発表雑誌/発表場所 「婦人公論」
作品発表 年月日 1963年(昭和38年)5月号
コードNo 19630400-00000000
書き出し 終戦時、畑野寛治は軍需省の雇員であった。西部軍司令部管下の仕事をしているため、福岡に駐在していた。畑野の場合は運転手だった。彼は絶えずトラックを運転して軍需物資の運搬に走り回っていた。管下では、司令部のある福岡をはじめ、小倉、久留米、佐賀などの連隊があり、さらに板付、大刀洗などの航空隊があった。これらの諸隊に補給される物品は、軍用貨物で送られて来るものを軍司令部が軍需部に連絡し、積下し駅で受領して、各隊に回すのである。畑野は、そういう貨車が到着するたびに、福岡市外の軍需省特別倉庫との間をトラックで往復した。当時、三十三歳であった。二十二歳から六年間、自動車隊として転職したことがあるが、除隊となったとき、二度と兵隊にとられたくないため、いち早く軍需省の雇員となったのである。彼の性質が明朗だった上、小才が利くので、上官から可愛がられていた。
作品分類 小説(短編/連作) 20P×1000=20000
検索キーワード 軍需省。運転手・拷問・隠匿・福岡市・丹沢山塊・ヤミ市・興国商事・焼ビル・長靴・札束・ヒステリー・フランネル