松本清張(1116)_彩色江戸切絵図 第一話 大黒屋

〔(株)文藝春秋=全集9(1972/10/20):【彩色江戸切絵図】第一話〕

題名 彩色江戸切絵図 第一話 大黒屋
読み サイシキエドキリエズ ダイ01ワ ダイコクヤ
原題/改題/副題/備考 ● シリーズ名=彩色江戸切絵図
●全6話=全集(6話)
1.大黒屋 (1116)
2.大山詣で (1117)
3.
山椒魚 (1059)
4.
三人の留守居役 (1119)
5.
蔵の中 (1120)
6.
女義太夫 (1121)
本の題名 松本清張全集 24 無宿人別帳・彩色江戸切絵図/紅刷り江戸噂【蔵書No0134】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1972/10/20●初版
価格 880
発表雑誌/発表場所 「オール讀物」
作品発表 年月日 1964年(昭和39年)1月号〜2月号
コードNo 19640100-19640200
書き出し 文久二年正月一五日の八ツ(午後二時)ごろのことだった。日本橋堀江町の通りを二十七,八くらいの職人風な男が歩いていた。この辺りは焼芋を売る店が多い。その匂いが寒い風に混じって流れていた。この焼芋屋は冬の間だけで、春になるとすべて団扇屋に早替わりする。役者の似顔絵の団扇も、この堀江町から売出されたものだ。秋風が立つと団扇が駄目になるので、団扇が焼芋屋に早替わりするわけである。また、この辺りには穀物問屋がならんでいる。職人がふと足を停めたのは、それほど大きくない穀物問屋の店から、三十一,二くらいの大きな男がふらりと出て来たからだった。その男は酒気をおびている。十五日というと、まだ正月気分が抜けずに振舞酒を出すところもあるから、これはふしぎではない。ただ、その職人が男に眼をつけたのは、酔った彼の人相がよくないのと、その男の出ていったあとで四十七,八ぐらいの雇女が塩を撒いていることだった。
作品分類 小説(短編・時代/シリーズ) 33P×1000=33000
検索キーワード 文久2年・甲州屋・浄験寺・贋金・穀物問屋・炭屋・団扇・古着屋・堀江町・馬道・乞食橋・加賀・納所・岡っ引き・子分・三題噺