松本清張(1059)_彩色江戸切絵図 第三話 山椒魚

〔(株)文藝春秋=全集9(1972/10/20):【彩色江戸切絵図】第三話〕

題名 彩色江戸切絵図 第三話 山椒魚
読み サイシキエドキリエズ ダイ03ワ サンショウウオ
原題/改題/副題/備考 ●シリーズ名=彩色江戸切絵図
●全6話=全集(6話)
1.
大黒屋 (1116)
2.
大山詣で (1117)
3.山椒魚 (1059)
4.三人の留守居役 (1119)
5.
蔵の中 (1120)
6.
女義太夫 (1121)
本の題名 松本清張全集 24 無宿人別帳・彩色江戸切絵図/紅刷り江戸噂【蔵書No0134】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1972/10/20●初版
価格 880
発表雑誌/発表場所 「オール讀物」
作品発表 年月日 1964年(昭和39年)5月号〜6月号
コードNo 19640500-19640600
書き出し 天明元年は米価の高騰で、早々から騒がしかった。米相場は金一両で米七斗ばかり、銭百文で一升ぐらいになっていた。それで、幕府も市中の月見団子は無用であると町名主に触れさせたくらいだった。また天変地異も相当に起こった。十一月には世間に風邪が流行して老中堀大和守一人を除き、残らず引籠りという珍事態があった。これを三升風邪と云ったのは、このころ升つなぎの模様が流行っていて、「抜けかねる」という洒落であった。同じ月のある日の亥の刻に家鳴り震動して東の空に赤色の光りものが現われ、西を指して飛んだが、そのかたちは満月のように、しかし白昼より明るく、諸人いずれも胆を潰した。このぶんではこの先どんな変事があるか分からないと云い合っているうちに、越えて翌年の七月十四日と十五日には湘南一帯に大地震があった。相州小田原城中に水が押し入って死亡する者が数知れず、また城下の町屋や農家へも水が押寄せて夥しい死者を出した。
作品分類 小説(短編・時代/シリーズ) 29P×1000=29000
検索キーワード 疱瘡・木賃宿・薬屋・願人坊主・おかみ・惚れ薬・痺れ薬・中風・倍返し・飯・飢饉・串焼き・天明