松本清張_わが人生観 私のものの見方 考え方_歴史を見る眼 瑠璃碗記
680_sei_4_4_watasinomononomikatakanngaekata_ruriwannki__02.htm
633_sei_eltuseiyori_ruriwannki__01.html

題名A わが人生観 私のものの見方 考え方_歴史を見る眼 瑠璃碗記
読み ワガジンセイカン ワタシノモノノミカタ カンガエカタ_レキシヲミルメ ルリワンキ
原題/改題/副題/備考 【重複】〔(株)文藝春秋=松本清張全集34〕


わが人生観


Tわが人生のとき
1.「学歴の克服」〔「婦人公論」臨時増刊『人生読本』(1958年9月)〕(重複A)
2.「
実感的人生論」〔「婦人公論」臨時増刊『人生読本』(1962年4月)〕(重複A)
3.「
暗い活字」〔「文芸」(1963年8月〜1995年1月連載『半生の記』より)〕(重複A)
4.「
紙の塵」〔「文芸」(1963年8月〜1995年1月連載『半生の記』より)〕(重複A)
5.「
碑の砂」〔「潮」(1970年1月号)〕(重複A)

U社会の視点
1.「
かなしき家の長たち」〔「婦人公論」(1958年12月号)〕(重複A)
2.「
世事と憲法(憲法公布二十五周年記念京都府民の集いでの講演)」■講演■(重複A)
3.「
現代のヒズミ−税金」〔「朝日新聞」(1964年12月4日・夕刊)〕(重複A)
4.「
新権力論」〔「日本経済新聞」(1971年1月27日)〕(重複A)

V私の小説作法
1.「
『西郷札』のころ」「週刊朝日」増刊(1971年4月5日)(重複A)
2.「
私の小説作法」「毎日新聞」(1964年9月13日)(重複A)
3.「
日本の推理小説」「文学」(1961年4月号・原題=推理小説独言)(重複A)
4.「
推理小説の発想」江戸川乱歩・松本清張編『推理小説作法』(1959年4月)(重複A)
5.「
舞台再訪−『点と線』」「朝日新聞」(1966年7月7日)

W歴史を見る眼
1.「
古代史の空洞をのぞく」「朝日新聞(1966年3月12日〜3月16日・夕刊)」(重複A)
2.「
私の万葉発掘」「文芸春秋」増刊『万葉集の旅』(1973年4月)(重複A)
3.「
聖徳太子の謎」「太陽」(1972年10月号)(重複A)
4.「瑠璃碗記「太陽」(1966年7月号)(重複A)
本の題名 わが人生観 私のものの見方 考え方【蔵書No0214】
出版社 大和出版
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1978/09/25●17版
価格 950
発表雑誌/発表場所 「太陽」
作品発表 年月日 1966年(昭和41年)7月号
コードNo 19660700-00000000
書き出し 一九六五年の四月二十九日、私はイランのテヘランにいた。アテネで食べたギリシャ料理が合わなかったのか、腹痛を起こしてホテルに閉じこもり勝ちだった。テヘランの町は高原で、ホテルは高い丘の中腹にある。商社の人がきて、日本大使が骨董屋を案内するからこないかという。その晩、私は帰国の飛行機に乗るつもりだったから腹痛をこらえて下町に下りて行くと、大使夫妻が待っておられた。おりあしく金曜日で、回教国は休日である。商店も戸を閉めていたが、大使の顔で骨董屋の一軒を開けさせた。お定まりの雑多な店内の深い奧に行くと髭だらけの亭主が品物をいろいろ取り出す。どんなガラクタでもみんな「骨董品だ」というが、買手が気のりうすでいると、だんだんいいものを奧から出してくる。これはカイロの骨董屋も同じであった。
作品分類 エッセイ
検索キーワード