松本清張_わが人生観 私のものの見方 考え方_社会の視点:1 かなしき家の長たち
680_sei_2_1_watasinomononomikatakanngaekata_kanosikiienotyoutati__02.html
531_sei_matumotoseityousyakaihyouronnsyuu_01_kanasikiienotyoutati.html

題名A 松本清張社会評論集 T かなしき家の長たち
読み ワガジンセイカン ワタシノモノノミカタ カンガエカタ_シャカイノシテン カナシキイエノチョウタチ
原題/改題/副題/備考 【重複】〔(株)新日本出版社=松本清張社会評論集〕


わが人生観


Tわが人生のとき
1.「学歴の克服」〔「婦人公論」臨時増刊『人生読本』(1958年9月)〕(重複A)
2.「
実感的人生論」〔「婦人公論」臨時増刊『人生読本』(1962年4月)〕(重複A)
3.「
暗い活字」〔「文芸」(1963年8月〜1995年1月連載『半生の記』より)〕(重複A)
4.「
紙の塵」〔「文芸」(1963年8月〜1995年1月連載『半生の記』より)〕(重複A)
5.「
碑の砂」〔「潮」(1970年1月号)〕(重複A)

U社会の視点
1.「かなしき家の長たち〔「婦人公論」(1958年12月号)〕(重複A)
2.「
世事と憲法(憲法公布二十五周年記念京都府民の集いでの講演)」■講演■(重複A)
3.「
現代のヒズミ−税金」〔「朝日新聞」(1964年12月4日・夕刊)〕(重複A)
4.「
新権力論」〔「日本経済新聞」(1971年1月27日)〕(重複A)

V私の小説作法
1.「
『西郷札』のころ」「週刊朝日」増刊(1971年4月5日)(重複A)
2.「
私の小説作法」「毎日新聞」(1964年9月13日)(重複A)
3.「
日本の推理小説」「文学」(1961年4月号・原題=推理小説独言)(重複A)
4.「
推理小説の発想」江戸川乱歩・松本清張編『推理小説作法』(1959年4月)(重複A)
5.「
舞台再訪−『点と線』」「朝日新聞」(1966年7月7日)

W歴史を見る眼
1.「
古代史の空洞をのぞく」「朝日新聞(1966年3月12日〜3月16日・夕刊)」(重複A)
2.「
私の万葉発掘」「文芸春秋」増刊『万葉集の旅』(1973年4月)(重複A)
3.「
聖徳太子の謎」「太陽」(1972年10月号)(重複A)
4.「
瑠璃碗記」「太陽」(1966年7月号)(重複A)
本の題名 わが人生観 私のものの見方 考え方【蔵書No0214】
出版社 大和出版
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1978/09/25●17版
価格 950
発表雑誌/発表場所 「婦人公論」(1958年12月号)
作品発表 年月日 1958年(昭和33年)12月号
コードNo 19581200-00000000
書き出し いえのおさ−−−一家の主人であり、戸主であり、家長である。一家というからには妻のほか、子供が居るのが普通である。そのほか、老いた両親か片親、弟妹も含んでいる家族もあろう。要するに、そういう一家の生活を支えている男(女もあるが、これは一般論である)を指すのが、常識である。彼は家族の生活を賄い得るだけの収入を持っていなければならない。これは絶対条件である。それがなかったら、彼は家のおさの資格から外される。彼は収入を得るために働く。官庁、会社工場などの勤め人、小資本の商人、大工、左官、日雇いなどの自由労働者(著述業などという者も自由労働者である)、田畠で働く農民など、職集は千差万別だが、とにかく或る職業をもって働くことにより、収入を得ている。家族はその収入に頼って、生活を維持しているから、収入の獲得者である彼は、一家の中心であり、支柱であり、実力者である。
作品分類 社会評論
検索キーワード