松本清張_わが人生観 私のものの見方 考え方_わが人生のとき:4 紙の塵

題名 わが人生観 私のものの見方 考え方_わが人生のとき 紙の塵
読み ワガジンセイカン ワタシノモノノミカタ カンガエカタ_ワガジンセイノトキ カミノチリ
原題/改題/副題/備考 【重複】〔(株)文藝春秋=松本清張全集34〕


わが人生観


Tわが人生のとき
1.「学歴の克服」〔「婦人公論」臨時増刊『人生読本』(1958年9月)〕(重複A)
2.「
実感的人生論」〔「婦人公論」臨時増刊『人生読本』(1962年4月)〕(重複A)
3.「
暗い活字」〔「文芸」(1963年8月〜1995年1月連載『半生の記』より)〕(重複A)
4.「紙の塵〔「文芸」(1963年8月〜1995年1月連載『半生の記』より)〕(重複A)
5.「
碑の砂」〔「潮」(1970年1月号)〕(重複A)

U社会の視点
1.「
かなしき家の長たち」〔「婦人公論」(1958年12月号)〕(重複A)
2.「
世事と憲法(憲法公布二十五周年記念京都府民の集いでの講演)」■講演■(重複A)
3.「
現代のヒズミ−税金」〔「朝日新聞」(1964年12月4日・夕刊)〕(重複A)
4.「
新権力論」〔「日本経済新聞」(1971年1月27日)〕(重複A)

V私の小説作法
1.「
『西郷札』のころ」「週刊朝日」増刊(1971年4月5日)(重複A)
2.「
私の小説作法」「毎日新聞」(1964年9月13日)(重複A)
3.「
日本の推理小説」「文学」(1961年4月号・原題=推理小説独言)(重複A)
4.「
推理小説の発想」江戸川乱歩・松本清張編『推理小説作法』(1959年4月)(重複A)
5.「
舞台再訪−『点と線』」「朝日新聞」(1966年7月7日)

W歴史を見る眼
1.「
古代史の空洞をのぞく」「朝日新聞(1966年3月12日〜3月16日・夕刊)」(重複A)
2.「
私の万葉発掘」「文芸春秋」増刊『万葉集の旅』(1973年4月)(重複A)
3.「
聖徳太子の謎」「太陽」(1972年10月号)(重複A)
4.「
瑠璃碗記」「太陽」(1966年7月号)(重複A)
本の題名 わが人生観 私のものの見方 考え方【蔵書No0214】
出版社 大和出版
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1978/09/25●17版
価格 950
発表雑誌/発表場所 「文芸」(1963年8月〜1995年1月連載『半生の記』より)
作品発表 年月日 1963年(昭和38年)8月号
コードNo 19630800-19630100
書き出し 希望のない職場
私は朝日新聞西部本社で二十年間働いたが、はじめの二年間は社外の人間で、その後の二年間は嘱託だから正式な社員ではなかった。それで、残りの十六年間が『朝日の人間』としての在勤期間である。この間に三年間の兵役が挟まれている。
朝日新聞社に勤めている間は、私は概して退屈であった。生活が最低の線で保障されていたため、一日一日を生き抜いていく緊張感を失った。
考えてみると、私にはそれほどデザイナーとしての素質があったわけではない。いわば、ちょっとした小器用さが何かのはずみで職業になったまでである。しかし、その職業的な資格から脱落しないために一通りの勉強はしてきた。
作品分類 エッセイ
検索キーワード