松本清張_わが人生観 私のものの見方 考え方_社会の視点:3 現代のヒズミ−税金
680_sei_2_3_watasinomononomikatakanngaekata_genndainohizumi__02.html
637_sei_eltuseiyori_genndainohizumi_zeikinn__01.html

題名A わが人生観 私のものの見方 考え方_社会の視点 現代のヒズミ−税金
読み ワガジンセイカン ワタシノモノノミカタ カンガエカタ_シャカイノシテン ゲンダイノヒズミ−ゼイキン
原題/改題/副題/備考 【重複】〔(株)文藝春秋=松本清張全集34〕


わが人生観


Tわが人生のとき
1.「学歴の克服」〔「婦人公論」臨時増刊『人生読本』(1958年9月)〕(重複A)
2.「
実感的人生論」〔「婦人公論」臨時増刊『人生読本』(1962年4月)〕(重複A)
3.「
暗い活字」〔「文芸」(1963年8月〜1995年1月連載『半生の記』より)〕(重複A)
4.「
紙の塵」〔「文芸」(1963年8月〜1995年1月連載『半生の記』より)〕(重複A)
5.「
碑の砂」〔「潮」(1970年1月号)〕(重複A)

U社会の視点
1.「
かなしき家の長たち」〔「婦人公論」(1958年12月号)〕(重複A)
2.「
世事と憲法(憲法公布二十五周年記念京都府民の集いでの講演)」■講演■(重複A)
3.「現代のヒズミ−税金〔「朝日新聞」(1964年12月4日・夕刊)〕(重複A)
4.「
新権力論」〔「日本経済新聞」(1971年1月27日)〕(重複A)

V私の小説作法
1.「
『西郷札』のころ」「週刊朝日」増刊(1971年4月5日)(重複A)
2.「
私の小説作法」「毎日新聞」(1964年9月13日)(重複A)
3.「
日本の推理小説」「文学」(1961年4月号・原題=推理小説独言)(重複A)
4.「
推理小説の発想」江戸川乱歩・松本清張編『推理小説作法』(1959年4月)(重複A)
5.「
舞台再訪−『点と線』」「朝日新聞」(1966年7月7日)

W歴史を見る眼
1.「
古代史の空洞をのぞく」「朝日新聞(1966年3月12日〜3月16日・夕刊)」(重複A)
2.「
私の万葉発掘」「文芸春秋」増刊『万葉集の旅』(1973年4月)(重複A)
3.「
聖徳太子の謎」「太陽」(1972年10月号)(重複A)
4.「
瑠璃碗記」「太陽」(1966年7月号)(重複A)
本の題名 わが人生観 私のものの見方 考え方【蔵書No0214】
出版社 大和出版
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1978/09/25●17版
価格 950
発表雑誌/発表場所 「朝日新聞」(1964年12月4日・夕刊)
作品発表 年月日 1964年(昭和39年)12月4日
コードNo 19641204-00000000
書き出し 知っている中小企業の電気屋さんが倒産した。豆電球をつくっていたのだが、遂にいけなくなり、社長さんは家土地を手ばなした上に大きな負債を背負った。間もなく迫ってくるクリスマスに飾られる豆ランプをこの人はどんな思いで見るだろう。原因は輸出の塞がりと金詰まりだそうである。中小企業の倒産は戦後最高だとは新聞などで見るところだが、身辺近くの見聞はまた格別な実感である。池田前内閣の高度成長経済策の矛盾といわずに「ヒズミ」といった。ヒズミを直すといった。ものはいいようで、ヒズミというとなんとなく手軽いような気がする。辞書をひくと、ヒズミとは「ゆがみ」であり「いびつ」であり、「物体に外力が加わる時に生ずる変形の量を、この時の外力(歪力)で除した値」などとむつかしい説明が出ている。要するに、無理したためにできたゆがみのことである。
作品分類 エッセイ
検索キーワード