松本清張_別冊黒い画集 第二話 熱い空気

〔(株)文藝春秋=全集7(1972/08/20):【別冊黒い画集】第二話〕

題名 別冊黒い画集 第二話 熱い空気
読み ベッサツクロイガシュ ダイ02ワ アツイクウキ
原題/改題/副題/備考 ●シリーズ名=別冊黒い画集
●全7話
1.
事故
2.熱い空気
3.獄衣のない女囚
4.

5.
陸行水行
6.
断線
7.
寝敷き
●全集(6話)
1.
事故
2.熱い空気
3.
4.
陸行水行
5.
寝敷き
6.
断線
本の題名 松本清張全集 7 別冊黒い画集・ミステリーの系譜【蔵書No0079】 映像の世界【TV】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1972/08/20●初版
価格 880
発表雑誌/発表場所 「週刊文春」
作品発表 年月日 1963年(昭和38年)4月22日号〜7月8日号
コードNo 19630422-19630708
書き出し 河野信子は渋谷の道玄坂上の「協栄家政婦会」というのに所属している。彼女がそこに入ったのは今から三年前で、夫と離婚してすぐであった。別れたのは、夫が他に女を作ったためだが、生活できないので、一時の腰掛けのつもりで派出家政婦になった。それがずるずると今日まで及んでいる。入ってみると、中年女の収入としてはそれほど悪くない。手に技術を持たない三十二歳の女が、破壊された家庭を出て、どのような職業に就き得るだろうか。それは新聞の三行案内の求人欄を見ると一ぺんに分かる。料理屋のお座敷女中、旅館の下働き、保険の集金人といった類である。その他、バーやキャバレーのホステスがあるが、これは若くて顔がきれいでないと傭ってくれない。お手伝いさんの口ならいくらでもあったが、河野信子は個人の家に長く辛抱している気持ちになれなかった。その点、いまの家政婦会は契約期間だけの短い雇傭関係だから、大して苦にはならない、それに、食事向こう持ち一日八百五十円というのはそう悪くなかった。
作品分類 小説(中編/シリーズ) 73P×1000=73000
検索キーワード