松本清張_エッセイより_推理小説の発想/小説と素材

題名A エッセイより 推理小説の発想/小説と素材
読み エッセイヨリ スイリショウセツノハッソウ−ショウセツトソザイ
原題/改題/副題/備考 【【重複】〔大和出版=わが人生観 私のものの見方 考え方〕●【重複】〔中央公論社=随筆 黒い手帖〕

 1.「
学歴の克服(重複)
 2.「実感的人生論
 3.「ほんとうの教育者はと問われて
 4.「碑の砂(重複)
 5.「「西郷札」のころ
 6.「作家殺しの賞
 7.「この10年
 8.「回想「酸素テントの中の格闘」
 9.「ヨーロッパ20日コースをゆく●《改題=はじめてのヨーロッパ》
10.「"地の塩"地帯をゆく
11.「ハバナへの短い旅
12.「暑い国のスケッチ
13.「南北であった女
14.「瑠璃碗記(重複)
15.「私のくずかご
16.「占領「鹿鳴館」の女たち
17.「政治と税金
18.「現代のヒズミ−税金」 
19.「小説でない「黒い霧」」 
20.「政治家の税金」 
21.「新権力論
22.「「政治」とよど号」 
23.「推理小説の読者(原題=推理小説時代)(重複A)
24.「日本の推理小説(原題=推理小説独言) (重複A)
25.「推理小説の発想/小説と素材(重複A)
26.「推理小説の発想/創作ノート(重複A)
27.「私の黒い霧」(病床推理文学随想)
28.「推理小説の題材(講演)
29.「灰色の皺
30.「私の小説作法(重複)
31.「小説に「中間」はない」 
32.「朝の新聞
33.「小説のなかの「私」への疑問
34.「大岡昇平氏のロマンチックな裁断
35.「文壇小説の陥没
36.「劉生晩期●《改題=岸田劉生晩景》(重複)
本の題名 松本清張全集 34 半生の記・ハノイで見たこと・エッセイより【蔵書No0105】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1974/02/20●初版
価格 880
発表雑誌/発表場所 江戸川乱歩・松本清張篇『推理小説作法』
作品発表 年月日 1959年(昭和34年)4月号
コードNo 19590400-00000000
書き出し 小説のヒント                               推理小説の歴史とか、トリックのこととかについては、すでにその方面の権威者が懇切にお書きになっておられることですし、私としては、まず、これなら私にも書けるだろうという項目を選んでみました。つまり私自身の小説の発想と言いますか、作法というようなものを書いてみようと思います。よく人から、「あなたは推理小説を書くとき、どういうふうにして作りますか」ときかれますが、発想は机の前にすわって呻吟しても浮かぶものではない。むしろ、トリックとかアイデアという文は、風呂の中とか、夜、寝床に入ってボンヤリしているようなときに、ポツンと浮かんでくるもので、こればかりはいくら考えてもそう理詰めに答えの出てくるものではないのです。
作品分類 エッセイ
検索キーワード