松本清張_エッセイより_日本の推理小説(改題)

(原題=推理小説独言)

題名A エッセイより 日本の推理小説
読み エッセイヨリ ニホンノスイリショウセツ
原題/改題/副題/備考 【重複】〔中央公論社=随筆 黒い手帖〕
(原題=推理小説独言)

 1.「学歴の克服(重複)
 2.「実感的人生論
 3.「ほんとうの教育者はと問われて
 4.「碑の砂(重複)
 5.「「西郷札」のころ
 6.「作家殺しの賞
 7.「この10年
 8.「回想「酸素テントの中の格闘」
 9.「ヨーロッパ20日コースをゆく●《改題=はじめてのヨーロッパ》
10.「"地の塩"地帯をゆく
11.「ハバナへの短い旅
12.「暑い国のスケッチ
13.「南北であった女
14.「瑠璃碗記(重複)
15.「私のくずかご
16.「占領「鹿鳴館」の女たち
17.「政治と税金
18.「現代のヒズミ−税金」 
19.「小説でない「黒い霧」」 
20.「政治家の税金」 
21.「新権力論
22.「「政治」とよど号」 
23.「推理小説の読者(原題=推理小説時代)(重複A)
24.「日本の推理小説(原題=推理小説独言) (重複A)
25.「
推理小説の発想/小説と素材(重複A)
26.「推理小説の発想/創作ノート(重複A)
27.「私の黒い霧」(病床推理文学随想)
28.「推理小説の題材(講演)
29.「灰色の皺
30.「私の小説作法(重複)
31.「小説に「中間」はない」 
32.「朝の新聞
33.「小説のなかの「私」への疑問
34.「大岡昇平氏のロマンチックな裁断
35.「文壇小説の陥没
36.「劉生晩期●《改題=岸田劉生晩景》(重複)
本の題名 松本清張全集 34 半生の記・ハノイで見たこと・エッセイより【蔵書No0105】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1974/02/20●初版
価格 880
発表雑誌/発表場所 「文学」
作品発表 年月日 1961年(昭和36年)4月号
コードNo 19610400-00000000
書き出し その頃、雑誌『新青年』は海外に拓殖する青年層を目標にしたような雑誌だったが、臨時増刊号にはいつも外国の探偵小説を特集した。これが面白くて私はむさぼり読んだ。はじめて探偵小説の面白さを教えられたのは、これらの翻訳小説からだった。今は名前が消えたが、ビーストンが活躍していた。浅野玄府、森下雨村、平林初之輔、牧逸馬などの訳者の名前に、今の流行作家のようになじんだものだ。私が十七,八歳の頃である。別に松本秦の雑誌『新趣味』が出ていたが、『新青年』に負けたのか、廃刊になった。秦は海外探偵小説をしきりと紹介していた先駆者の一人だが、時期が早すぎたのか、あまり芽が出ないうちに早逝した。『クリスティ探偵小説集』の翻訳者、松本恵子さんは秦氏の夫人で、私は広告をみたとき、名前をなつかしく思ったことである。
作品分類 エッセイ
検索キーワード