ページの最後

「12」
清張作品に登場する
女性の名前に関する考察

(姓名の「名」の方:特に女性の名前について...)

------------------------------------
その名は
慶子・景子・恵子」
(ケイコ)

●慶子

箱根初詣で
慶子 弘吉と再婚。前夫(直井祐介)はニューヨークで死亡。
慶子が25歳の年の七月半ば
慶子(ケイコ)


●景子

渡された場面
景子 博多でバー勤め、下坂と結婚する。気の強い女
笠原 幸子(カサハラユキコ/サチコ)



追加(2021年04月21日)----------------------

●恵子

「不在宴会」
恵子 新宿のバアの女。亭主持ちだが、魚住課長の誘いに乗って九州旅行に出かける。何者かに殺される。
恵子(ケイコ)




■□■□■□■□■□ まだ紹介作品に取り上げていない(2020年7月21日現在) ■□■□■□■□■□

●景子と敬子
落差

景子 歴史学者細貝忠夫の妻、細貝の死後、島地章吾の愛人になる。
景子(ケイコ)

冷遇の資格
敬子 バーのマダム、フランスパンを好む。フランスパンで撲殺される)
敬子(ケイコ)


■□■□■□ 蛇足の○恵子 ■□■□【須恵子と田恵子】
(恵子にあらず、スエコとタエコ)

●「水の肌」須恵子(資産家の娘)

●「春の血」田恵子(病院長の夫人。閉経期の女性の心理を描く)

-------------------------------------------------------------

『ケイコ』の漢字は、「慶子」・「景子」で、「恵子」がありそうでない。(紹介作品の数が少ないのか?/「不在宴会」で登場)

作品が書かれたのは、
「慶子」(箱根初詣で):1979年(昭和54年)1月号(小説新潮)
「景子」(渡された場面):1976年(昭和51年)1月1日号~7月15日号(週刊新潮)

それぞれの「ケイコ」は、脇役と言った感じで、登場する。
1950年代から1960年代の初めに、女性の名前で『恵子』がトップになっている。

『恵子』が、登場しないのは一ひねりしたのだろうか?
※「不在宴会」で登場。1967年の作品


2020年07月21日記※2021年03月21日追記


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 登場人物【女性の名前】50音検索ギャラリー


ページのTOP