松本清張_紅刷り江戸噂 第三話 突風

〔(株)文藝春秋=全集24(1972/10/20):【紅刷り江戸噂】第三話〕

題名 紅刷り江戸噂 第三話 突風
読み ベニズリエドウワサ ダイ03ワ トップウ
原題/改題/副題/備考 【同姓同名】
●シリーズ名=紅刷り江戸噂
●全6話=全集(6話)
1.
七種粥
2.

3.突風
4.見世物師
5.

6.
役者絵
本の題名 松本清張全集 24 無宿人別帳・彩色江戸切絵図/紅刷り江戸噂【蔵書No0134】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1972/10/20●初版
価格 880
発表雑誌/発表場所 「小説現代」
作品発表 年月日 1967年(昭和42年)6月号〜8月号
コードNo 19670600-19670800
書き出し 十一月八日は吹革祭りである。鍛冶、鋳物師、錺、白金細工、すべて吹革を使う職人が、この日稲荷を祭って息災を祈る。同じ火の行事で、つづく十六日には秋葉権現の祭礼が行われる。これは火除けの守りで、向島の秋葉社には参詣人が多い。向島の三囲稲荷から遠くないので春などでは遊びがてら行く者が少なくなかった。遊山舟の多くは浅草から出て三囲に上陸し、遊び暮らして舟に戻る。なかには吉原に繰りこむ者もいた。初めから遊山舟に芸者を伴れ、秋葉社の庭を眺めて遊ぶ者もある。古川柳に「秋葉から川へ三味線とりにやり」「狐から上がり天狗で日を暮らし」というのがある。狐は三囲稲荷に托し、天狗はもちろん秋葉社にかけている。また「船頭へ呑めと秋葉へ上りしな」というのもある。しかし、これは春のことだ。吹革祭りも済み、風が冷たくなった十一月十六日の朝のことであった。浅草御厩河岸から三囲の下に渡る舟は、秋葉の祭礼に行く客で混み合っていた。
作品分類 小説(短編・時代/シリーズ) 27P×1000=27000
検索キーワード