松本清張(1009)_告訴せず(改題)

(原題=黒の挨拶(第一話))

題名 告訴せず
読み コクソセズ
原題/改題/副題/備考 (原題=黒の挨拶(第一話))
●「週刊朝日」に「黒の挨拶」〈第一話〉として、昭和48年1月12日号より11月30日号まで43回にわたり連載された作品に、作者が加筆
本の題名 告訴せず【蔵書No0093】
出版社 (株)光文社
本のサイズ 新書(KAPPANOVELS)
初版&購入版.年月日 1974/02/15●51版1975/11/01
価格 600
発表雑誌/発表場所 「週刊朝日」
作品発表 年月日 1973年(昭和48年)1月12日号〜1973年(昭和48年)11月30日号
コードNo 19730112-19731130
書き出し 容貌の程度も平均以下で、風采も上がらない四十半ばの男は、群衆の中ではただの夾雑物でしかない。その人間が歩いていても立ちどまっていても、近くの人々に眼にはその動作だけがぼんやりと眼の端に動いているだけで、顔や服装の特徴には何の印象も残らない。雑踏の中で立ちどまられると、通行人は行く手が塞がれて除けて通らなければならないので、その男の顔を瞬間ひと睨みはするが、それでいて、あとではさっぱり思い出せないといったふうなのだ。何かの犯罪が起こって目撃者から人相の証言を取るとき、その申し立てがきまってまちまちになるという警察泣かせの顔だった。それだからといって、そういう種類の顔がかならずしも平凡というのではない。よく見ると特徴はあるのだ。印象に残らないのは、人々が印象にとどめるほどには注目しないということなのだろう。そもそも注意を払わないというのは、その人間の容貌や風采のぜんたいが、ありふれ過ぎていて魅力を感じさせないことに帰するのだが。木谷省吾がそういう人間の一人であった。
作品分類 小説(長編) 302P×870=262740
検索キーワード 選挙資金・小豆相場・旅館・ホテル・間歇性記憶喪失症・代議士