松本清張_考える葉

題名 考える葉
読み カンガエルハ
原題/改題/副題/備考  
本の題名 考える葉【蔵書No0033】
出版社 (株)光文社
本のサイズ 新書(KAPPANOVELS)
初版&購入版.年月日 1962/05/15●119版1976/10/20
価格 600
発表雑誌/発表場所 「週刊読売」
作品発表 年月日 1960年(昭和35年)6月3日号〜1961年(昭和36年)2月19日号
コードNo 19600603-19610219
書き出し その男は銀座を歩いていた。彼は、三十五六ぐらいに見えた。大きな男で、体格がいい。薄ら寒い宵だが、オーバーも何もなかった。くたびれた洋服を着、踵の減った靴をはいていた。ネクタイは手垢で光り、よじれていた。だが、彼は、伸びた髪をもつらせ、昂然と歩いていた。すれ違った者が思わず顔をしかめたのは、その男の吐く息がひどく酒臭かったからだ。夜の八時ごろというと、銀座は人の出の盛りである。四丁目の交差点から新橋側に歩き、さらに最初の区画を右にはいると、高価な商品を売ることで名の高い商店街がある。どの店もしゃれた商品をならべ、通行人の眼をウィンドーの前にひいていた。品もいいが、溜息が出るほど高い正札がついいていた。この通りをどこでもいいが、左に曲がっても右に曲がっても、夜の銀座の中ではいちばん人の歩きが多かった。
作品分類 小説(長編) 312P×700=218400
検索キーワード 銀座・ステッキ・留置所・新興財閥・保守党・調査団・隠匿物資・硯の原石・甲府