ページの最後

「06」
清張作品に登場する
女性の名前に関する考察

(姓名の「名」の方:特に女性の名前について...)

同名の名前が増えた場合は追記として登録。

その名は
------------------------------------
良子・亮子(りょうこ)
(リョウコ・ヨシコ?)

芳子

●良子・亮子

「春の血
良子 46歳。社長夫人
海瀬 良子(カイセリョウコ)(ヨシコ)


「たづたづし 
良子 平井良子。24歳。わたしの愛人
平井 良子(ヒライリョウコ)(ヨシコ)


「遠い接近
良子 山尾信治の妻。信治の依頼で信治に赤紙を出した人物を探る。
愛想が良く話術はうまい方だった。
山尾 良子(ヤマオリョウコ)(ヨシコ)


追加(2020年06月21日)----------------------

「ある小官僚の抹殺
良子 篠田正彦の愛人。唐津・篠田・内田と雀卓を囲む。篠田の行動に一役買っている。
稲木 良子(イナギリョウコ)(ヨシコ)


---------------------------------------------------

「点と線
亮子 安田辰郎の妻。安田の妻は美しかった。目が大きく、鼻筋が細く通っている。
頬から顎の線はとがっているが、病的な頽廃は目立たなかった。
いくぶんの蒼白いやつれが、その広い額とともに、理知的な感じをあたえた
安田 亮子(ヤスダリョウコ)


追加(2020年08月21日)----------------------

「赤い氷河期(上下)
亮子 「日本橋」という日本料理店のマダム。
山上爾策のエイズに関する講演会に出席。夫は骨董屋で、ベンドルという。後に何者かに殺される。。
川島 亮子(カワシマリョウコ)


※「良子」を「リョウコ」と、読んだが、「ヨシコ」かも知れない。「ヨシコ」は「芳子」に通じる。
「良子」は、美人揃い。そんな感じがする。そして、しっかり者。名前からのイメージかも知れない。
「亮子」は、そのまま「安田の妻は美しかった。目が大きく、鼻筋が細く通っている。」さらに、「理知的」と続く。


2019年5月21日記(仮):2019年10月22日(改):2020年06月21日(追記):2020年08月21日(追記)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  登場人物【女性の名前】50音検索ギャラリー


ページのTOP