松本清張(1050)__白梅の香

題名 白梅の香
読み シラウメノカ
原題/改題/副題/備考 【重複】〔中央公論社=五十四万石の嘘(中公文庫)〕
本の題名 西郷札 傑作短編集(三)【蔵書No0198】
出版社 (株)新潮社
本のサイズ 文庫(新潮文庫)
初版&購入版.年月日 1965/11/25●35版1992/09/05
価格 350/古本 9(税5%込み)+送料340
発表雑誌/発表場所 「キング」時代小説特集
作品発表 年月日 1955年(昭和30年)6月号
コードNo 19550600-00000000
書き出し 享保十六年三月、亀井隠岐守滋久が一年の在国を了えて、参勤のために江戸に向かうことになった。亀井の領国は石州鹿足郡津和野である。中国山脈が西に果てるところの山に囲まれた盆地で、四万三千石という禄高も小さいければ城下も小さい。隔年、殿さまが出府なさるについて、お供の顔ぶれが少しずつ異ってくる。各藩の家来には定府(江戸詰め)の者と国詰めのものとがあるが、国詰めの家来には江戸を知らない者が多い。定府の者も己の本国の様子を知らない。それで殿さまが参勤のたびに、国詰の家来から選抜して江戸へのお供の中に加えることが慣例となっている。この者は主君の一年の在府がすんだら、またお供をして国もとへ帰ってくるのである。つまり、半分は江戸見物をさせるための慰労であった。さて、このたび亀井隠岐守の出府の中には、白石兵馬という若侍がひとり加わった。兵馬は二百五十石馬廻役で二十一歳である。
作品分類 小説(短編・時代) 20P×580=11600
検索キーワード 津和野.参勤交代.馬廻役.江戸.芝居.若侍.吉原.香木.居留守役.妾.茶屋.詰腹.役者.色男