松本清張(1030)_張込み

題名 張込み
読み ハリコミ
原題/改題/副題/備考  
本の題名 松本清張全集 35 或る「小倉日記」伝・短編1【蔵書No0106】 映像の世界【映画】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通) 
初版&購入版.年月日 1972/2/20●初版
価格 880
発表雑誌/発表場所 「小説新潮」
作品発表 年月日 1955年(昭和30年)12月号
コードNo 19551200-00000000
書き出し 柚木刑事と下岡刑事とは、横浜から下りに乗った。東京駅から乗車しなかったのは、万一、顔見知りの新聞社の者の眼につくと拙いからであった。列車は横浜を二十一時三十分に出る。二人は一旦自宅に帰り、それぞれ身支度をして、国電京浜線で横浜駅に出て落ち合った。汽車に乗り込んでみると、諦めていた通り、三等車には座席が無く、しかもかなりの混みようである。二人は通路に新聞紙を敷いて尻を下ろして一夜を明かしたが眠れるものではなかった。京都で下岡がやっと座席にありつき、大阪で柚木が腰をかけることが出来た。夜が明け放れて太陽が上り、秋の陽ざしが窓硝子ごしに座席をあたためた。柚木と下岡は、欲もトクもなく眠りこけた。柚木は、岡山や尾道の駅名を夢うつつのうちに聞いたように思ったが、はっきり眼がさめたのは、広島あたりからだった。海の上には日光が弱まり赫くなっていた。
作品分類 小説(短編) 13P×1000=13000
検索キーワード 目黒・強盗殺人・刑事・小郡・S市・吝嗇・肥前屋・編物器械・温泉地・後妻・昔の女