松本清張_半生の記(改題)

(原題=回想的自叙伝)

題名 半生の記
読み ハンセイノキ
原題/改題/副題/備考 【重複】〔大和出版=わが人生観 私のものの見方 考え方〕

(原題=回想的自叙伝)

父の故郷/白い絵本/臭う町/途上/見習い時代/彷徨/暗い活字/山路/紙の塵/朝鮮での風景
鵲/焚火と山の町/針金と竹/泥砂/絵の具/あとがき
本の題名 松本清張全集 34 半生の記・ハノイで見たこと・エッセイより【蔵書No0105】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1974/02/20●初版
価格 800
発表雑誌/発表場所 「文藝」
作品発表 年月日 1963年(昭和38年)8月号〜1964年(昭和39年)1月号
コードNo 19630800-19640100
書き出し 昭和三十六年の秋、文藝春秋社の講演旅行で山陰に行った。米子に泊まった朝、私は朝早く起きて車を傭い、父の故郷に向かった。これについて、以前に書いた一文がある。
 −−中国山脈の脊梁に近い麓まで悪路を車で二時間以上もかかった。途中、溝口などという地名を見る
    と、小さいときに聞いた父の話を思い出し、初めて見るような気がしなかった。
    私が生山の町を初めて訪れたのは、戦後間もなくだった。今は相当な町になっている。
    近くにジュラルミンの原料になる礦石が出るということで、その辺の景気が俄によくなったということ
    だった。矢戸村というのは、今では日南町と名前が変わっている。山に杉の木が多い。町の中心は
    戸数二十戸あまりの細長い家並みだが、郵便局もあるし、養老院もある。小雨の中を私の到着を待
    って、二十人あまりの人が立っていた。 
作品分類 ノンフィクション(自伝) 77P×1000=77000
検索キーワード