松本清張(1077)_共犯者

題名 共犯者
読み キョウハンシャ
原題/改題/副題/備考 【重復】〔(株)新潮社=共犯者(新潮文庫)〕
本の題名 松本清張全集 36 地方紙を買う女・短編2【蔵書No0086】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通) 
初版&購入版.年月日 1973/2/20●初版
価格 880
発表雑誌/発表場所 「週間読売」
作品発表 年月日 1956年(昭和31年)11月18日号
コードNo 19561118-00000000
書き出し 内堀彦介は、成功した、と自分で信じている。○堀屋といえば、この福岡の市内では家具の月賦販売として今ではひろく知られている。「家具デパート」として宣伝したが、まず、五年間にしては、名前も売りこんだし、商売も思いのほかのびた、前からいる土地の同業者がおどろいている。商売の繁盛は、やはり彦介の長い間の外交員生活の腕が役立ったといえよう。しかし彦介は家具の外交をしてきたのではない。彼は十五年間、食器具の販売員として、ほとんど全国のデパートや問屋を回っていた。製品は印度向けの輸出もするメーカー品で、その会社の専属販売店で働いていたのである。商品見本をきれいにならべて詰めたトランクを提げて各地の問屋の軒先をくぐる。見本を見せて注文を取る。前に残った勘定を手形で貰う。予定が決めてあるから、一分間のむだもせずに、次の店に回らなければならない。いつも忙しく汽車の時間表を見ている。それが内堀彦介のかつての十五年間の生活であった。
作品分類 小説(短編) 14P×1000=14000
検索キーワード 銀行強盗・食器の販売員・漆器の販売員・家具屋・千葉市・山口県・小倉・小屋・通信員・商工特報