松本清張(1048)_松本清張_市長死す

題名 市長死す
読み シチョウシス
原題/改題/副題/備考 【重複】〔(株)光文社=青春の彷徨〕
本の題名 遠くからの声【蔵書No0007】
出版社 (株)講談社
本のサイズ 文庫(講談社文庫)
初版&購入版.年月日 1976/10/15●2版1976/12/15
価格 260
発表雑誌/発表場所 「別冊小説新潮」
作品発表 年月日 1956年(昭和31年)10月号
コードNo 19561000-00000000
書き出し 田山与太郎は九州のある県の小さな市の市長であった。人口十万、北部に海を持った旧い市である。田山市長は六十五歳であった。元陸軍中将という変わった経歴である。しかし今度の戦争には、実戦には出ていない。終戦まで、朝鮮南部の戒厳司令官をしていた。その田山与太郎が二年前に、その市の市長に当選した経緯や、地方政治的な手腕がどうであるかというような事情は、これから述べることには、あまり関係が無い。市長は、陳情のため年に五六回は東京に出張してきた。たいていは市議会議員が三名か四名、一緒についてくるのであった。八月の初めに、田山市長は、港湾問題の陳情でまた上京して来た。このときは港湾委員をしている市議会議員を三名と、秘書一名をつれていた。いつも定宿にしている目黒の蒼海ホテルに六日間滞在して、大体の用件も済んだので、明日は九州に帰任するという前の晩であった。
作品分類 小説(短編) 33P×650=21450
検索キーワード 歌舞伎座.テレビ.休憩時間.官金.女中頭.陸軍.志摩川温泉.釣り師