ページの最後

「17」
清張作品に登場する
女性の名前に関する考察

(姓名の「名」の方:特に女性の名前について...)

------------------------------------
その名は
タエコ子
(田恵子)・(妙子)・(多恵子)

●田恵子

春の血
田恵子 48歳。院長夫人(夫は5年前に死亡、未亡人)
新原 田恵子(ニイハラタエコ)



●妙子

土俗玩具
妙子 谷尾喜右衛門の長女。男の噂が絶えないうちに婿を取る。婿の名は、村田忠夫
谷尾 妙子(タニオタエコ)



●多恵子

確証
多恵子 27歳、美人では無いが愛嬌がある。世間的には円満な夫婦。世話女房。結果から、奔放な女とも言える
大庭 多恵子(オオニワタエコ)



■□■□■□■□■□

名前は、「タエコ」であるが、多彩な漢字が当てられている。読みとしては平凡な名前だが、登場人物としては一癖有るというか、特徴的だ。
「春の血」の田恵子は、無邪気で可愛い女として描かれている。
「土俗玩具」の妙子は、当てられた漢字は一番平凡だが、恐ろしい女とも言える。
「確証」の多恵子は、理解出来ない。夫を裏切り、結果として不倫相手も裏切るのである。作品に彼女の思いや、認識が描かれていないので
読者としては、おいてきぼりをされた気がする。

次なる「タエコ」の出現を期待したい。



2022年03月21日記


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 登場人物【女性の名前】50音検索ギャラリー


ページのTOP