「松本清張の蛇足的研究」のTOPページへ

松本清張_奇妙な被告

No_0010

題名 奇妙な被告
読み キミョウナヒコク
原題/改題/副題/備考  
本の題名 火神被殺【蔵書No0005】
出版社 (株)文藝春秋
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1973/08/15●4版1975/04/05
価格 750
発表雑誌/発表場所 「オール讀物」
作品発表 年月日 1970年(昭和45年)10月号
コードNo 19701000-00000000
書き出し 事件は単純に見えた。秋の夜、六十二歳になる金貸しの老人が、二十八歳の男に自宅で撲殺された。犯人は老人の手提金庫を奪って逃げ、途中で金庫を破壊して中の借用証書二十二通の中から五通を抜き、その手提金庫は灌漑用の溜池に捨てて逃走した、というものである。住宅の造成がすすんでいる東京の西郊だが、そのへんはまだ半分は田畑が残っているという地帯だった。若い弁護士の原島直己が、所属する弁護士会からこの事件被告の国選弁護を依頼されたとき、あまり気がすすまないのでよほど断ろうかと思った。ほかに三つの事件(これは私選の弁護)を持っているので相当に忙しい。それを理由に辞退してもよかったが、弁護士会の事務長が、実は所属の他の弁護士がいったん引き受けたのだが、急病で断ってきた、公判も間もなくはじまる予定で裁判所も当惑しているから、できるなら引きうけていただきたい、事件は単純だから適当にやってもらって結構、と、あとの言葉は低くいった。
あらすじ感想 凶器の「薪の割木」、座布団、金庫から紛失した借用書が小道具である。

逮捕された植木は警察でしゃべる。自白である。

被告である植木は公判で自白を強制されたと言う。

もちろん警察は否定する。 むしろ植木がぺらぺらしゃべったという。

のちに植木を調べた警察官は、彼が最初から協力的で「愛想がよかった」と言っている。

国選弁護士として弁護を依頼された原島は、被告から重大な示唆を受ける。

それは、被告が無罪となるための情報である。凶器の薪である。

自白の凶器では考えられない傷跡が鑑定書に書かれている。 座布団が小道具となる。

金を借りたり返したりする客に座布団を出すものなのか?

被害者の性格を知り得た犯人の小さな仕掛けである。

そして紛失した借用書。紛失した借用書は「猪木重夫」名義。

「植木寅夫」と「猪木重夫」、やはり犯人の仕掛けである。

無罪判決を勝ち取った弁護士の原島は、ほぼ一年後法律関係の本を読む。

「無罪判決の事例研究」。 逮捕後に完全無罪を勝ち取るため、目的を持った犯人は自白段階

から巧妙な罠を張る。

密室の取調室での自白を公判で否認し、自白がいかに理不尽で強制されたものか反論する。

その勇気ある態度は裁判官をもだます。

「無罪判決の事例研究」は、被告人植木の犯罪を見事に描いている。

ある意味完全犯罪をもくろむ。 そのため、一度捕まる、そして公に無罪を勝ち取る。

法治社会の盲点をついた犯罪であるが、被告人植木の人間性、特異な性格、卑屈で虚構に

満ちた人格が浮き出ている。犯罪の影にある人間を描く清張作品らしいと言えば、

またおもしろい作品である。 疑問が少々。

法律関係の本である、「無罪判決の事例研究」を裁判官が読む機会はなかったのか。

また、その戒めである、

「名古屋高裁金沢支部 昭29.3.18 高裁刑事特報」を読む機会がなかったのか。

『最後の植木寅夫が交通事故にでも遭って死ねば、「天の摂理」とか「勧善懲悪」の結末になるの

だが実際はそうはゆかないようである。』は、蛇足気味である。


2002年09月20日 記
作品分類 小説(短編) 42P×700=29400
検索キーワード 国選弁護人・薪の割木・自白・座布団・借用書・無罪判決
登場人物
植木 寅夫 28歳。被告
原島  直己 弁護士、植木の国選弁護士
山岸 甚兵衛 62歳。被害者、植木に殺される。金貸し。

奇妙な被告