松本清張_空白の意匠

題名B 空白の意匠
読み クウハクノイショウ
原題/改題/副題/備考 【重複】〔(株)文藝春秋=松本清張全集37〕
【重複】〔中央公論社=真贋の森〕
本の題名 黒地の絵/傑作短編集(二)【蔵書No0223】
出版社 (株)新潮社
本のサイズ 文庫(新潮文庫))
初版&購入版.年月日 2010/01/15●59版
価格 700(本体667円)
発表雑誌/発表場所 「新潮」
作品発表 年月日 1959年(昭和34年)4月号〜5月号
コードNo 19590400-19590500
書き出し Q新聞広告部長植木欣作は、朝、眼がさめると床の中で新聞を読む。中央紙が二つと、地方紙が二つである。永い間の習慣で、新聞を下から見る癖がついてしまっていた。今朝も、枕元に置いてある新聞紙を片手でとった。順序も決まっていた。地方紙が先で、中央紙があとなのは、中央紙は競争の対象にはならないからである。見ても、ざっと済ます。競争紙のR新聞は、朝刊四頁で、四つの面をはぐって合計十二段の広告を見るのに、普通の者なら、三,四分で済むところを、植木欣作は二十分くらいかかって読むのである。スペースの大きさ、広告主の良否、扱い店はどこの店で、大体、どれくらいの値でとっているか、骨を折ってとった広告か、それとも先方の自主的な出稿かどうか、或はスペースが埋まらず苦しまぎれに抛り込んだ無代のアカではないか、その辺の見当を植木は広告欄を睨みながらつけてゆくのである。
作品分類 小説(短編)
検索キーワード