松本清張_日光中宮祠事件

題名A 日光中宮祠事件
読み ニッコウチュウグウシジケン
原題/改題/副題/備考 【重複】〔(株)文藝春秋=松本清張全集37(1973/02/20)〕
本の題名 黒地の絵 カッパ・ノベルス【蔵書No0228】
出版社 (株)光文社
本のサイズ 新書(カッパ・ノベルス)
初版&購入版.年月日 1961/04/25●18版1962/05/15
価格 200/古本 600円+送料250
発表雑誌/発表場所 「別冊週刊朝日」
作品発表 年月日 1958年(昭和33年)4月
コードNo 19580400-00000000
書き出し この事件の小さい紹介は、警察図書の出版社から発行している雑誌「捜査研究」に掲載されている。私はこれを読んだとき興味をもった。いったい、この雑誌は月々一項はかならずこうした捜査ケースを載せているが、なかにはつまらないものがあるけれど、この事件だけはおもしろかった。筆者は東京近県の県警察本部刑事部長のK氏である。去年の晩秋、私はたまたま紹介する人があって当のK氏に会った。東京から電車で一時間とかからないでその県にはいるが、土地の古い料亭で、川魚料理をいっしょに食べながら話は聞いた。料亭の裏は釣堀になっていて、すでに寒そうな池の水にはいわし雲が映っている。掘をのぞきこんだ柿の枝には赤い実がついている。向こうの枯れた平野には家がまばらで、時おり、電車の音が聞こえてくるといった環境であった。
作品分類 小説(短編) 
検索キーワード