(完成登録:1099

〔(株)光文社=松本清張 短編全集05(声)(2009/01/10):【】〕

題名
読み カオ
原題/改題/副題/備考 【重復】〔(株)文藝春秋=松本清張全集36〕
本の題名 松本清張 短編全集05(声)【蔵書No0226】 映像の世界【TV】
出版社 (株)光文社
本のサイズ 文庫(光文社文庫)※新書版を文庫化
初版&購入版.年月日 2009/01/10●初版
価格 660(本体629円)
発表雑誌/発表場所 「小説新潮」
作品発表 年月日 1956年(昭和31年)8月号
コードNo 19560800-00000000
書き出し 井野良吉の日記                              −−日。今日、舞台稽古のあとで、幹部ばかりが残って何か相談をしていた。先に帰りかけると、Aと一緒になった。五反田の駅まで話ながら歩いた。「何を相談しているか知っているか」とAはぼくに云った。「知らない」「教えてやろう」と彼は話し出した。「今度、△△映画会社から、うちの劇団に映画出演の交渉があったんだ。例の巨匠族石井監督の新しい作品で、達者な傍役をうちの劇団から三、四人欲しいというのだ。マネージャーのYさんがこの間から映画会社に行ったり来たりして、忙しそうにしていたよ」「へえ、知らなかったな。それで、やるのかい?」とぼくは訊いた。「やるよ、勿論。劇団だって苦しいもの。ずっと赤字つづきだからな。Yさんの肝では、今度だけでなく、ずっと契約したらしい。先方さえよかったらね」 
作品分類 小説(短編)
検索キーワード 舞台俳優・五反田・殺人行・浜田駅・初花酒場・女給・京都行き・いもぼう料理・映画・赤い森林・春雪・手紙・首実検・興信所