松本清張_草笛

題名 草笛
読み クサブエ
原題/改題/副題/備考  
本の題名 黒地の絵【蔵書No0223】
出版社 新潮社
本のサイズ 文庫(新潮文庫)
初版&購入版.年月日 2010/01/15●59版
価格 700(本体667円)
発表雑誌/発表場所 『別冊文藝春秋73』
作品発表 年月日 1960年(昭和35年)9月
コードNo 19600900-00000000
書き出し 周吉が十七歳の時だった。彼はその時、九州のK市で小さな会社の職工をしていた。周吉の両親は、その市でささやかの飲食店をしていたが、それが少し繁昌しはじめ、二階に客を上げるように改造したので、七十歳になる祖母と周吉とは、近所の雑貨屋の二階に間借りさせられた。雑貨屋と言っても、この家の主人は卸屋の番頭で、自分の家は小さな商品を並べてて居るだけだった。周吉と祖母とが間借りした部屋は、道路に対った八畳の間だった。この二階は、真ん中に廊下を通して表と裏の二部屋があり、裏の部屋は当時空いていた。
作品分類 小説(短編) 19P×510=9500
検索キーワード