新規登録


ページの最後


皆様には、まったく関係のないことです。登録の基本です。無駄足をさせて申し訳ありません。


 

1.蔵書登録(例)

題名 混声の森
読み コンセイノモリ
原題/改題/副題/備考  
本の題名 混声の森【蔵書No0001】
出版社 (株)角川書店
本のサイズ A5(普通)
初版&購入版.年月日 1975/4/10●3版1975/6/20
価格 980
発表雑誌/発表場所 「河北新報」
作品発表 年月日 1967年(昭和42年)8月13日〜1968年(昭和43年)7月18日
コードNo 19670813-19680718
書き出し 「事故でもあったかな?」石田謙一はタクシーの運転手に声をかけた。「さあ?」運転手も首をかしげている。夜の十時ごろだった。権田原から神宮外苑に入った所で、タクシーが前に詰まってのろのろと進んでいる。向こうのほうで懐中電燈の灯がちらちらしているのは警官でも立っているらしかった。「事故ではなく、事件が起こったのかもしれませんね。検問のようです」運転手は、窓から少し首を伸ばして様子を見たうえで答えた。「酔っ払い運転の検査じゃないのか?」客はいった。「そうではないようですな。酔っ払い運転だと、主に白ナンバーを停めます。タクシーまでいっしょに停めるのは、やはり事件が起こったんでしょうね」車が進むと、運転手の言葉どおり、私服と制服とが六、七人立っている。制服の巡査は少し手前で車を停め、懐中電燈の光を座席に射しこんで客の顔を眺め、問題でないと思われる車はさっさと通していた。
作品分類 小説(長編)
検索キーワード 東京西郊・青葉学園・陸軍用地・理事長・事故死・新学長・寝返り
【カバー】東京西郊に、2万坪の敷地とホテルと見まちがう近代校舎を持つ、私立女子大学「若葉学園」。−−−今日の隆盛は、学園専務理事石田謙一の辣腕によるものであったが、彼の胸中には、現大島理事長の椅子を奪い、学園経営を一手に収めようとする、どす黒い野心があった。大島理事長と学生課女事務員との秘密の関係を知った彼は、私立探偵社に依頼、スキャンダルをあばこうと図るが、彼自身もまた、バア・マダムと情事を重ね、一人息子の非行に悩む秘密を隠していた。・・・・・・学園経営の醜い内幕を描いて、現代教育界の腐敗をつく。巨匠松本清張の問題作!

 

2.重複のチェック

 


 


ページのTOP