「松本清張の蛇足的研究」のTOPページへ

松本清張_

NO_004

題名
読み ショウ
原題/改題/副題/備考 【重複】〔(株)文藝春秋=松本清張全集36〕
本の題名 延命の負債【蔵書No0017】
出版社 (株)角川書店
本のサイズ 文庫(角川文庫)
初版&購入版.年月日 1987/06/25●初版
価格 380
発表雑誌/発表場所 「新潮」
作品発表 年月日 1957年(昭和32年)1月号
コードNo 19570100-00000000
書き出し 私が粕谷侃陸という名を知ったのは、随分前からであった。この人の著書は、かなりな古本屋なら殆ど置いている。私の見る限りでは、たいていは棚の上の方の、天井近いところにならべて埃を浴びていた。手も届かないそんな高いところにある本は、あまり動きそうもない品であろうか、粕谷侃陸の書物がそういう種類の地味なものらしかった。彼の著書は二つあって、一つは千ページ近い厚さで上下からなる「古社寺願文の研究」という戦前出版の大部なものと、一つは戦時中に出した二百ページぐらいの「古社寺蔵の古文書」という小型のものとである。厚い二部の方は、戦前でも豪華な出版らしく、古代染色の文様を模した布製の装幀で、いかにも落ちついた重量感のあるものだが、もう一つは戦時中のせいもあってか、比較にならぬ薄っぺらな貧弱な本だった。私の眼に触れる彼の著書は、この二冊だけであった。
あらすじ感想 私と言う狂言回しの口で語られる「粕谷侃陸」は、誰かモデルでもいるのだろうか。

私と、粕谷侃陸の関わり合いが突然で都合が良すぎる感がある。

若き粕谷侃陸が得た「賞」は、彼の人生を変えてしまう。

本来なら、揚々たる将来が開け、その方面でチョットした存在として権威にでもなれたのであろう。

しかし、時として、若くして得た「賞」は重荷になり、重荷は彼を潰してしまう。

文学賞にも「芥川賞」「直木賞」など、イロイロあるが若くして一発屋的に賞を射止め、

将来を嘱望されながら次なる作品が書けず、そのまま終わる人もいる。

「賞」に頼った生活をする粕谷侃陸は、多少ともその権威の威力を保てる地方都市で

詐欺的行為によって生活の糧を得る。

しかし、その詐欺的行為は、いかにもだまされる方が悪いとでも言いたげな粕谷侃陸の

態度によって「賞」の権威をあざ笑っている。

権威であるはずの「賞」は、その後の彼にとっては復讐の対象なのか。

『ふと粕谷侃陸の大きな「学士院賞受賞」の名刺を思い出した。

しかし、一体、賞の実体とは何であろうか?彼は「賞」へ復讐しているように思えた。』


2001年04月07日 記
作品分類 小説(短編) 18P×600=10800
検索キーワード 古本屋・古文書・学士院賞受賞・詐欺・地方都市
登場人物-
狂言回し
粕谷 侃陸. 学者?・カスヤカンロク